家を売る際のQ&A

ローンが残っていても売れますか?

ローンが残っているということは、まだその建物には抵当権が設定されたまま、ということはご存知でしょうか。

 

というのも、ローンで住宅を購入すれば、そのローンが返済されてしまうまでその住宅には抵当権が設定されているのです。そして、この抵当権が設定されている住宅は、売却することができないのです。

 

ということはつまり、普通の方法ではその住宅は売ることができない、ということになるわけです。

 

では、まったく売ることが出来ないのかと言えばそうではなく、任意売却という方法を採れば売却することも可能なのです。

 

この任意売却とは、不動産業者に仲介してもらうことで、ローンの債権者である金融機関と交渉してもらい、抵当権を末梢してもらって、通常の売却と同じように住宅を売却できるようにする、というものなのです。

 

ただし、金融機関がこの任意売却を認めるのは、ローンの返済能力がなくなってしまったと判断できる場合ですから、返済能力があるのに住宅を売りたい、というような場合には認められない、という可能性が高いと言えるでしょう。

 

このように、任意売却とはあくまでも急迫した場合に採られる手段なので、そうでない場合には、売ることはまず無理と考えた方がいいでしょう。