家を売る際のQ&A

家のローンが払えなくなったらどうすればいいですか?

家のローン返済ができなくなった場合は、任意売却という手段があります。

 

任意売却というのは、融資を受けている金融機関の合意のもとで、住宅を売却することをいいます。

 

不況の折、住宅ローンの支払いに悩んでいるという方が増えています。家のローンが払えなくなり、支払いが滞ると金融機関から、督促状などが送られてきます。

 

ただ、そのままどうしてよいか分からず、ない袖は振れない、と放置してしまう人も多いようです。

 

しかしこのまま放置してしまうと、債権者は法的措置として、あなたの家を競売にかけて資金を回収します。

 

強制的に家を処分され、もちろん居住者も追い出されてしまいます。
競売での落札価格は、本来の相場の6〜7割程度にしかならないといわれており、また現金化されるまでにも時間を要します。

 

しかし、任意売却であれば、かなり相場に近い金額で売却できる場合が多いので、返済額を増やすことができます。

 

金融機関との交渉しだいで、残った債務も月々無理のない金額で返済が可能です。ケースによっては引越し費用などを負担してもらえることもあります。
競売にかけられるよりも、ずっと有利な条件で売却することが可能なのです。任意売却を専門に行っている不動産業者もあります。

 

支払いに無理を感じた場合、そういった業者に早めに相談するのが早期解決のきっかけになるでしょう。